生活の知恵は役に立つ!

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

チョコレートでダイエットできる!?太らないようにチョコを食べる3つのポイント

フランス人に学ぶチョコレートの太らない食べ方

甘くて癒されるチョコレートは、美味しくてなかなか食べるのをやめられません。しかし、太るかも、美容に悪いかもと考えながら食べたのでは、おいしさも半減してしまいます。

そんな中、チョコレート好きで有名なフランスの女性たちは、スラリとしたスタイルでキレイな肌をしています。フランス人はどのようにチョコレートを食べているのか、ご紹介します。

自分にあったチョコレートの食べ方を見つけるために、ぜひ参考にしてみてください。

チョコレートが私たちをとりこにするワケ

太りにくいチョコレートの食べ方
出典:girlydrop.com

チョコレートが習慣になるのは、味や成分のせいではなく、私たちをとりこにするのはあの香りと舌触りなのだそうです。

ココアの脂肪の融点は体温よりちょっと高いため、チョコレートは口にいれるとフワッととけます。あの舌触りがやめられなくなるのだそうです。

フランス女性は太らない?

本『フランス女性は太らない』には、面白いキャッチコピーがついています。
「ワインやシャンパンを飲み、フルコースの食事を楽しんで、チョコレートを年間5.5kgも食べるにもかかわらず、どうしてフランス女性は25歳の体型のままでシャンデリゼ通りを歩いているのか?」

著者は、「ヴーヴ・クリコ」というシャンパンのトップブランドのCEOです。フランス生まれで、アメリカに留学した大学時代に1年で10kgも太ってしまったのですが、フランス女性の伝統的な食生活を実践して元の体重に戻したという経験がある女性です。

太らないようにチョコレートを食べるポイント

1.食べるチョコレートの質

質の良いチョコを食べると太らない
出典:pixabay.com

フランス女性がよく食べるのは、カカオ成分が多めのちょっぴり大人でビターなチョコレートです。ビターチョコは脂質や糖質が控えめになっています。

安価な脂肪と砂糖で出来たチョコレートではなく、純粋なカカオで出来た質のよいものを好んで食べているのです。

2.チョコレートの食べ方

チョコレートを味わうのに重要なのはその甘美な舌触りと香りです。そこでフランス人はじっくりとダークチョコレートを口の中で味わいながら食べています。

この食べ方だと、小さなかけらでも長くチョコレートを楽しめるので、たくさん食べなくても満足感を得ることができます。

3.チョコレートを食べるタイミング

チョコを食べるタイミングによっては太らない
出典:girlydrop.com

おやつタイムである午後3時は、体温が高くなって脂肪を蓄積しにくい時間といわれています。午後の空腹を紛らわせるタイミングとしても、チョコレートをはじめとするおやつを食べるのに適しています。

チョコを食べることそのものを制限するのではなく、軽い食事の後か、おやつとして少量、高品質のチョコレートを食べるべきなのです。

以上、チョコレートでダイエットできる!?太らないようにチョコを食べる3つのポイント…でした。